簡単レシピ
長岡巾着なす
長岡野菜の代表「長岡巾着なす」の料理をご紹介します。
●蒸かし茄子
●蒸かし茄子
ナスは半分に切り、10分ほど水にさらしてアクを抜きます。皮をむくかどうかは好みで、皮付きのほうがうまいという人もあります。湯気の上がった蒸し器に入れ約10分。竹串が通ったらあげて冷まします。
粗熱がとれたらラップして冷蔵庫へ。1〜1.5センチに切り、生姜と醤油、芥子と醤油、すりゴマと醤油などでいただきます。(ご注意:蒸かしすぎないように!
●揚げ浸し
1〜1.5センチ厚さの拍子切りした長岡巾着を10分程度水にさらしてアク抜きします。衣をつけずに多めの油で素揚げします。
別の器に酒・醤油・ミリンなどで調味した汁を用意し、
素揚げしたナスを入れます。厚いままでも結構ですが
冷蔵庫にて冷やすとさらにおいしいでしょう。
調味液のかわりに麺つゆなどを薄めて利用する手もあります
かぐらなんばんも同様にして一緒に食べて見ましょう。
●トンカツ風
長岡巾着を0.5〜1センチの拍子切りにして10分程度水にさらしてアク抜きします。
豚の薄切り(バラがいいようです)をひと巻きして
あとはトンカツと同じように衣をつけて揚げます。
豚肉とナスの相性に驚かれるでしょう。
●トンカツ風
●揚げ浸し
皮付きのまま1〜1.5センチの厚切りにし水にさらしてアク抜きします(10分程度)。軽く塩・胡椒して、フライパンにオリーブオイル又はサラダオイルを
やや多めに入れて焼き色がつくまで焼いてください。
そのままでも充分おいしいのですが、好みの餡をかければ鴫(しぎ)焼きナスになります。さらに厚々と焼いた巾着ナスにステーキを乗せ、一緒にてべて見てください。
その相性の良さにびっくりするはず。
●ナスの厚切り両面焼き
●長岡巾着とかぐらなんばんの炒め合わせ
ナスはヘタを取り幅1センチ程度のステイックに切り、10分程度水にさらします。
かぐらなんばんはヘタを取り4〜5ミリのせん切り、フライパンか中華なべにやや多めにサラダ油を熱し、まず水切りしたナスを炒めます。ナスにやや火が通ったらかぐらなんばんを入れ、少し炒めたら味噌を入れさらに炒めます。仕上げに酒をふって味をととのえましょう。

●煮しめ
長岡巾着を十文字に四等分します。10分程度水にさらしてアク抜き。味が沁みやすいように皮の部分に何本か十文字の包丁目を入れます。ダシをとり醤油・酒・ミリンの調味液で煮含めます。魚の煮汁を薄めて煮含めたのが長岡の伝統的な食べ方でした。その他鯨汁には常連ですし、テンプラに揚げたり、串焼きやカレーなどさまざまに楽しんでください。
●ナスの厚切り両面焼き
●長岡巾着とかぐらなんばんの炒め合わせ
●煮しめ