豪雪・年間を通じた高い湿度・夏の高温多湿・信濃川が作った肥沃な土壌・・・。そんな気候風土の中で育った長岡野菜は独特な食感・風味を持ち、戦前からずーっと愛され続けてきた長岡が誇る自慢の伝統野菜です。
長岡巾着なす
”盆だてがんにナスの皮の雑炊……・”長岡甚句に唄われているのがこのナスである。明治時代中頃、中島地区で栽培が始まった。大型の丸っこいナスで果肉がしっかりしている。全国のナスでこれほど果肉が堅くてうまいナスはない。古来、ふかして生姜、芥子あるいはゴマをふって醤油で食べるふかしナス、又は煮付けにしたり、味噌味のナス炒め、しぎ焼きにしたりと長岡の夏を彩る代表といっていい。
6月中旬〜10月下旬
梨なす
6月中旬〜9月下旬
明治の中頃、市内中島地区で栽培が始まった。食べてみたら梨のようにみずみずしく甘かったのと洋梨の形をしていたので梨ナスの名がついたとのこと。皮も実も柔らかく浅漬けにする。好みにもよるが完全に漬かりきるてまえの半生の状態で醤油をさして食べるのを良しとする。ナスのうまみがストレートにわかるからだ。
糸うり
6月中旬〜8月下旬
金糸瓜(ソーメン南瓜)の未熟果を浅漬けにして食べるのは長岡独特の食べ方である。その食感の面白さは根強いファンを持つ。もっと多くの人たちが楽しんでほしいものだ。知られざる逸品というべきか。
ゆうごう
7月上旬〜8月下旬
夕顔の実である。長岡弁でユウゴウとなまってしまった。大きいものは70〜80センチにもなる。鯨汁になくてはならぬもの。茹でてあんかけも有名。
かぐらなんばん
7月中旬〜9月下旬
なんばんが日本に渡来したのが15世紀のことで、またたく間に全国に広まった。その古い種類が山古志に残っている。
ゴツゴツした姿が神楽面を連想させる所からこの名がついたとされる。
中の種を中心とした白い綿のようなものが辛い。
永い間あまり知られてなかった食材で今後の研究の楽しみもある。
ずいき
6月中旬〜9月下旬
八ツ頭(やつがしら)の茎である。大昔から食用にされてきた。茹でて酢を加えると真っ赤に発色する。これはズイキの持つアントシアンという色素が酸によって変色するためだ。長岡では夏の食べ物だが、乾燥させて保存食にした地方もある。
▲TOPへ戻る
肴豆
9月下旬〜10日間
妙な名前の枝豆だ。大昔から香りの強い奥枝豆としてしられていたが、肴豆という名前がついたのは昭和40年代のこと。この豆をゆでていると隣の家まで良い匂いがただよってくるという。隣といってもゴミゴミした街中ではない.広々とした農村での話だから、まあ話半分としても香りの強いうまい枝豆であることは間違いない。9月下旬のほんの一週間だけの楽しみである。
里芋(土垂芋)
10月中旬〜3月下旬
長岡名物のノッペは鬼平犯科帳にも登場するが、主役の里芋はどたれ(土垂れ)という勾玉のような格好をした里芋である今は大和早生という丸っこいものが中心。しかしヌメリの強さ、食味においてノッペにはこれを使いたい。特に長岡のどたれは知る人ぞ知るうまさがある。
食用菊おもいのほか
10月中旬〜11月下旬
うすいピンクの食用菊。いい名前ではないか。現在市場に出回ることがほとんどなくなったが、農家では自家用に栽培して楽しんでいる。今年から少しずづ栽培を進め伝統的ないい名前を残したいと思っている。赤系の食用菊を下越地方では「柿のもと」、山形では「もってのほか」とよぶ。
体菜
11月中旬〜12月中旬
ほんの一昔前まではほとんどの家庭で四斗樽で漬け込んだものだが、そういう家庭も少数派となった。明治の初期に政府が奨励品種として中国から輸入したものだが、冬季に青物が欠乏する雪国で漬け菜として残った。特に長岡を中心とする地域は体菜を食べる。3月になり青菜が出始めると塩出しして煮る、つまり煮菜(にな、にいな)は郷愁を誘う食べ物である
長岡菜
11月中旬〜12月中旬
一説によると昭和の初め頃に体菜と野沢菜または小松菜との自然雄交配で成立した品種とみられる。体菜よりやや小ぶりで、一頃は長岡菜一色になったほどだが今は体菜が中心である。近年あらためて長岡菜の栽培を復活した。因みに小学館発行の「食材図典」に長岡菜が写真入りで掲載されていることも付け加えておく。
だるまれんこん
10月中旬〜4月下旬
10月下旬から出回る晩生種のレンコン。シャキシャキしたきめ細やかな食感は定評がある。
白雪こかぶ
12月中旬〜1月下旬
その名にふさわしく真冬の寒さによる強い甘みと、キメの細かさは抜群。新鮮な葉も一緒にどうぞ。
▲TOPへ戻る
HOMEへ
一寸法師
9月中旬〜10日間
「いっすんぼうし」と呼びます。
莢がちょうど一寸(約3cm)なので、菜図蹴られました。
食味が優れており、茹で上がりの色が濃い鮮やかな緑で美しく、ビールの肴は
もちろん、栄養価も高くその上低カロリー食品として好まれます。
秋に収穫すべきところを雪が降るまで畑で育てるので、どっしりとした太さとなり、たっぷりと水分を蓄え、みずみずしく、さらに甘みを増します
ぶり大根、ふろふき、おでん、サラダ等で美味しくいただけます。
雪大根
雪が降ってから2月頃まで
八石なす
6月下旬〜10月上旬
八石山ふもとの小国地域でつくられます、風の少ない盆地なので傷が付きにくく美しく育ち果皮はきめ細く水分を多く含み漬物に適しています。